必見!機械式時計をおしゃれに着こなす方法

機械式時計はお高い!

今やノンブランドのクォーツ時計は100円均一でも購入できる時代だというのに、機械式時計は相変わらず高値で頑張っています。もともと大量生産には向いていませんし、愛好者は値段以外のところに価値を見出しているわけですから当然と言えば当然なのです。自分へのご褒美的な意味合いで思い切って購入した機械式時計ですが、いつまでもコレクションケースの中に入れておくだけでは意味がありませんね。かといって、常日頃、腕に着けて仕事やプライベートに出かけていたらどこでどんな目に合うかも分かりません。

嫌味に感じさせては逆効果

知らない人から見たら信じられないような値段が付いているのが機械式時計です。その価値や良さをすべての人に分かってくれといっても無理なものですね。外に着けていったはいいですが、必要以上に大事に扱っていては周りの目も醒めてしまいます。丁寧に扱ってはいるが、あくまでお気に入りの道具としての扱いを心がけるようにしましょう。とはいっても、スポーツをする時は必ず外しましょう。お昼休みのキャッチボールやゴルフの打ちっぱなし程度の運動でも同じです。ゴルフのスイング時の衝撃は1トン近くにもなるのだそうですから、機械式時計には強すぎますよね。

さりげなく自然に外せば好感度アップ

会社で机やロッカーを動かすとき、あるいは書類を詰めた段ボールを運ぶ時、どんなタイミングで時計に衝撃が加わるか分かりません。衝撃に強いクォーツ時計ならまだしも機械式時計はできれば外して作業に取り掛かりたいものです。そんな時でも、あくまで自然にふるまうことが大切です。上着を脱いで、ワイシャツの袖をまくり、時計を外して自分の机の引き出しに入れる。一連の動作を自然に行うことで時計を外すという行為までも格好良く見えてしまうこともあるのです。大切な時計だからこそ、いつでも身に着けていたいものですね。

オーデマピゲは、スイスを代表する腕時計メーカーとして知られていますが、当初はムーブメント製作会社としてのスタートでした。