七五三は、いつもよりちょっと良い食事会でお祝いしよう

七五三の歴史を知ろう

七五三は、子どもの成長を神様に感謝して、将来の健康と幸せを祈る、お祝いとしての行事です。男の子は数え年で3歳と5歳、女の子は3歳と7歳になると、神社へお参りへ行きます。地域によっては、男女ともに3歳・5歳・7歳を祝うところもあります。また日にちは、11月15日がメジャーです。江戸時代は子どもの死亡率がとても高く、七五三によって子どもが無事健康でいられたことを神に感謝し、これからの幸福をお願いしていました。

家族のみの食事会は、リラックスして

家族だけで食事会を行う場合は、いつもより少し特別感を出して、皆で楽しんでください。子どもが主役なので、彼等が喜ぶメニューが良いでしょう。家で行う場合は、お赤飯を食べたり、普段より豪華な食事を出したりします。外食の場合、ファミレスや回転寿司などのカジュアルな場所から、高級なレストランという場所まで、様々な選択肢があります。子どもが小さいと、騒いだりする可能性がありますので、前者の方が安心かもしれません。子どもの年齢も考えあわせてみてください。

ご招待する場合も、気を遣いすぎずに

七五三では、祖父母、親戚、近所の人などがお祝いをしてくれることがあります。そんな人達を招待して食事会をする場合も、格式張らずにリラックスしてください。お礼の場ではありますが、あくまで子どもが主役ですので、子どもの喜ぶ場所という選び方が中心です。ただし騒がしい場所では落着きがありませんので、ファミレスならば個室のあるところを選んでください。レストランもおすすめですが、5千円前後の予算で問題ありません。

七五三のレストランで外食をする場合、子供の外食って意外と疲れてしまいがちです。お店を選ぶときには、子供が暴れてもいい座敷の個室がいいです。